FXにおいて機会損失より大切なこと

こんにちは、masakiです。

初心者
・機会損失しそうで中途半端な位置でもポジションを持って損失を出してしまう。
・ポジポジ病になってしまう。
・今買わないと乗り遅れてしまいそうだ、と思ってポジションを持ったら損失になった。

こういった経験をしている人、悩みを持っている人向けの記事です。

初心者のうちは、FXのチャートを見ているとすべてがチャンスに見えてしまい、ポジションを取りたくなったりします。

世間でよく聞くポジポジ病というやつですね。

これは目の前にあるように見える利益を失いたくない、機会損失をしたくないという心理が働くことによってポジポジ病が発生します。

FXにおいて『機会損失をする』ということは、あまり重要なことではありません。

もっと重要なことがあるのです。

スポンサーリンク

FXにおける機会損失より大切なこと

機会を逃してもお金は減らない

FXにおいて、機会損失することはそこまで重要ではありません。

なぜならば利益機会は、無限に存在するからです。

『ここは年に数回しかないエントリーポイントだ!』と思っても、それは後になってからわかる事で、大抵の場合そこからさらに進んだ場所がエントリーポイントになる事がほとんどです。

利益機会は無限に存在するのですから、機会を逃したからいって落ち込む必要はありません。急いでエントリーする必要もありません。

相場では、機会損失よりもリスク管理の方がはるかに大事です。

なぜならば、機会は逃してもあなたのお金は減りませんが、リスク管理を怠るとあなたのお金は減るからです。

そして機会は無限に提供されますが、あなたのお金は無限ではありません。

初心者
ちょっと目を離してる間にエントリーポイントを逃してしまった。少し上に上がっちゃったけど乗り遅れたくないから今からエントリーしようか・・。

次のチャンスを待ちましょう。

初心者
数年に一度のチャンス!機会損失したくない!全力で買います!

おそらくそこは絶好のエントリーポイントではないです。打診買いをしていきましょう。

初心者
買いエントリーして含み益が出てます!ストップ・ロスをタイトに置きました。でも戻ってきてストップ・ロスに当たってからまた上に行ったら機会損失なのでストップ・ロスをずらしたほうが良いのかな・・

損失を限定して利益を伸ばせる最高の状態です。そのままにしておきましょう。

基本スタンスとして、利益機会を逃さないように動くより、損失が少なくなるように動く方が結果的に資金が増えていきます。

リスク管理

では、実際どのようにリスク管理をすればよいのでしょうか?

FXにおけるエントリー前のリスク管理の方法は、以下の記事で説明しています。

トレードにおけるリスクとは何か?リスク管理方法。

2019年8月4日

そして、エントリー後もリスク管理を怠ってはいけません。

  • あなたが確信を持った手法とエントリーポイントで、リスクを管理(損失を限定)して勝負する。
  • 含み益がでた場合、損失が限定できる状態もしくは元本を確保する状態を作り、大きな利益を狙いに行く。
  • 含み損がでた場合、限定した損失に達したら損切りする。限定した損失までまだ余裕があったら含み損の建玉を減らしながら所得単価を下げていく。等。

常にリスクとリワードは反転しますので、リワードを得ている時にリスク管理をすることが大切です。

まとめ

・相場では、機会損失よりもリスク管理の方がはるかに大事。
・利益機会を逃さないように動くより、損失が少なくなるように動く方が結果的に資金が増えていく。
・エントリー前とエントリー後のリスク管理を怠らない。

スポンサーリンク