FXでは9割の人が負けるというが、FXだけに限ったことじゃない話

こんにちは、masakiです。

「FXで9割の人が負ける」というのは、良く聞く話です。

これを見ると「FXって危ない」「FXは怖い」とか思ってしまう人も多いと思います。

でも、それってタイトルの通り、FXに限ったことじゃないよね、という話をします。

スポンサーリンク

FXでは9割の人が負けるのは本当か

これは本当です。もう少し詳しく言うと

それなりに長期的にFXをやると、9割の人が資金を元本より減らしてしまう。

という所が正しいのかなと思います。

その原因は

  • FXの本質をわかっていない。
  • 本気でやれてない。
  • 参入障壁が低すぎて、厳しい世界に足を踏み入れたことに気づいていない。
  • リスクの本質とコントロール方法をしらない。
  • 世の中に間違った情報や勉強法が多すぎる。
  • 途中で諦める。

等、多岐にわたりますが、「原因」の話はまた詳しく記事を書きますので、ここでは説明しません。

成功の定義によりますが、「FXで成功した」と言えるまでになるには、全体の上位0.1%~0.01%に入る必要があります。

1割しか勝てないのは他の事でも同じ

これを見て「あぁー、やっぱりFXって難しいのか・・」「俺には無理そうだな・・」と思った人も多いと思います。

しかし、よく考えてみましょう。

俺は独立起業する!
→ 10年後に生存している企業は1割以下。生存した企業の中で世間に知れるような企業は更に1%くらい。
俺は音楽が好きだからプロになってメジャーデビューする!
→プロミュージシャンになれる人はバンドやっている人の1%以下。更にプロで成功するのはプロの中でも1%以下。
プロ野球選手になりたい!
→高校、大学で野球をやっている人の中からドラフトでプロ野球選手になれる確率は0.05%以下。
大企業に入って出世する!
→社員1000人の会社で、10人の役員枠に入る確率は上位1%。

どうでしょうか?職業によって難易度の差こそあれ、

それで食べていくには上位10%から1%に入る必要がある。成功したと言えるには上位0.1%から0.01%くらいに入る必要がある。

この法則は全てにおいて共通であり、なにもFXに限った話ではないことがわかります。

挑戦するということ

それで食べていくには上位10%から1%に入る必要がある。成功したと言えるには上位0.1%から0.01%くらいに入る必要がある。

これを見てあなたはどう思いましたか?自分には無理そう?リスク?怖い?

そう思った方は、すこしサラリーマン思考すぎると思います。

多くの人は以下のような状況に遭遇すると、それをリスクと考えるようです。

「自分が時間や労力を費やしたのに、お金がもらえない or お金が減った」

しかし、自分の時間を企業に売ることでお金を得ている人(俗に言うサラリーマン)以外の人からみると、これはなにも特別なことではありません。

事業をやっていれば、「1ヶ月働いてマイナス」ということもあります。

お店をやっていれば同じことが起こります。

投資をすれば同じくマイナスになることもありますし、トレードをしていても同じ事が起こります。

実は、サラリーマンという職業が「マイナスになることはない」かなり特別な職業なのです。

何かに挑戦することは、リスクをともないます。

そして継続するには、リスクを管理することが大切です。

FXでは自分と向き合い、リスクを管理し継続することで、実際に成功することが可能です。

結局のところ、挑戦して継続するかしないかだけの話で、FXが特別リスキーなわけではありません。

トレードにおけるリスクとは何か?リスク管理方法。

2019年8月4日

まとめ

まとめ
FXでは9割の人が負ける、というのはホント。しかしそれはFXに限った話ではない。
・どんな事でも、それで食べていくには上位10%から1%に入る必要がある。成功するには上位0.1%から0.01%くらいに入る必要がある。
・サラリーマンは特別な職業。
・FXは自分と向き合い、リスクを管理し、継続することで成功できる。
・結局のところ挑戦するかしないか。継続するかしないかだけの話。

スポンサーリンク