起業・独立したらすぐ使うべき便利なWebサービス

こんにちは、masakiです。

起業・独立したら真っ先に使っておけ、というサービスを紹介します。

私も2回起業経験がありますので、その時使ったサービスです。

スポンサーリンク

会計

独立すると、この「会計・経理」というのが非常に厄介で、多くの時間と労力を取られます。
また、売上をあげることに必死で、経理に多くの時間を費やすことは難しくなります。

会計士さんや税理士さんに頼んでもよいのですが、毎月のコストが数万〜かかる上に決算時期には追加で10万〜くらいかかり、年間のトータルコストがばかになりません。

このような問題をすべて解決してくれるのが、Freeeです。決算書もボタン一発で作成してくれます。

フリーランスや小さいベンチャー企業を立ち上げた場合、使わないという選択肢は考えられません。そのくらい便利で必須です。

経理や会計の知識をもった従業員を雇用する必要がなくなります。また税理士や会計士に外注することもほぼなくなるでしょう。

メール・カレンダー等

色々選択肢がありますが、この分野はやはりGoogle一択かなと思います。

G suiteをつかうことでGmailやGoogle Calendar等のWebアプリケーションが、独自ドメインで使えるようになります。

社員用のメールアドレス発行や、スケージュールを共有するのに便利です。

ホームページやサーバー

独立後は自社のホームページも必要になりますし、それをホスティングする為のサーバーも必要になります。

また、Webサービスを立ち上げたり受託開発をする会社を起業した場合は、何かとサーバーインフラが必要になってきます。

選択肢は2つあり、Amazon Web Service(AWS)とGoogle Cloud Platform(GCP)です。
個人的にコストが若干やすいので、Google Cloud Platformをおすすめします。

サーバー、ネットワーク、データベース、ストレージ、負荷分散、バックアップ、スケーリングの構築管理がすべて管理画面が可能で、インフラ周りでできないことは無いといっても過言ではありません。

これを利用することで、サーバーやネットワーク等のインフラ周りの知識を持つ従業員を雇用する必要がなくなります。

ファイルの管理や共有

色々な選択肢がありますが、DropBoxをおすすめしたいと思います。

有料版にすることで、容量的も十分ですし、変更しても世代に毎に保存してくれます。

ローカルのフォルダとまったく同じ様に利用できるので、サービスを利用していることを意識する必要すらありません。

画像編集等

色々ありますが、やはりこの分野はAbode一択だと思います。

単体でソフトウェアを購入するとかなりの金額になりますが、Abode Creative Cloudを利用することで月額料金でPhotoShop等色々なAbodeの製品を使用できるようになります。

プロタイプ・ワイヤーフレーム

ビジネスをやる上で、プロトタイプやワイヤーフレームやデザインの作成や共有は必須です。

これらを簡単にやれるツールがAbode XDです。上記のAbode Creative Cloudに含まれています。

コミュニケーションツール

メールやチャットでも良いのですが、人数が増えてくると管理しづらくなってきます。

Slackを使うことでチャット、ファイル共有、履歴の管理、この記事で紹介しているサービス等と連携し、Slack上で一元管理してチームでコミュニケーションすることができます。

MacやWindowsだけでなくスマホなどマルチプラットフォームに対応しているので、どこからでもコミュニケーションに参加できます。

複数人でのプロジェクトや社内コミュニケーションには必須のツールです。

電話・FAX

個人的には電話やFAXなんていらないかなと思いますが、日本で起業するといまだに03の固定電話が必要だったり、FAXが必要だったりします。

不思議な文化ですが、郷に入れば郷に従えということで用意しましょう。

このサービスを使えば初期費用5000円月額1500円くらいで、スマホで03の番号が受発信できます。また同じ番号でFAXも受信できます。

ソースコード

ソースコードの管理は、GIthub一択と言って良いでしょう。

開発にかかわる人でこれを使っていない人はいない、と言っても過言ではありません。
かならず必要になりますので、使いましょう。

まとめ

特にフリーランスや少人数で起業した場合、本業以外にやらなければならない事が結構あります。

また予算の都合で、外注に多くのコストをかけることもできません。

便利なサービスをどんどん利用しコストと労力を削減し、本業に費やせる時間を増やしていきましょう。

 

エンジニアがおすすめするプログラミングスクール3社

スポンサーリンク