【2019年最新版】WordPressのおすすめプラグイン

こんにちは、masakiです。

ブロガー
WordPressを立ち上げてブログを始めたけど、どのプラグインをインストールすればいいの?
みんながインストールしている一般的なプラグインを知りたい。

このような疑問にお答えします。

実はプラグインを入れすぎると、便利にはなりますが以下のような問題があります。

  • WordPressの動作が重くなり、画面の表示が遅くなる
  • セキュリティーのリスクになる。
  • 管理しきれない。

サイトが重いと訪問者のストレスになりますし、そもそも見て貰えません。

WordPressのプラグインは少ないほうが良いです。

基本プラグイン4つをインストールすれば、ミニマムWordPressは完成です。セキュリティーも担保され、これで事足ります。

他に必要であれば、その他オススメプラグインも追加で入れてみてください。

スポンサーリンク

基本WordPressプラグイン4つ

All in One SEO Pack

SEOに関する事、ほぼ全てができます。

これを入れておけばsitemapの配信もできます。

SEOに関する他のプラグインは一切いりません。

AddQuicktag


投稿する時にエディタを、拡張するプラグインです。

市販のテンプレートは、これを使うこと前提で配布されている場合がありますので入れておきましょう。

WP Multibyte Patch

もともとWordPressは英語標準のソフトウェアです。日本語を利用する上で、文字化けなどの不具合が起こらないようにするためのプラグインです

Advanced noCaptcha & invisible Captcha (v2 & v3)

『人が入力したものしか受け付けないようにする』プラグインです。

コメント・スパム対策でAkismetをインストールしている人が多いですが、重すぎなのでこちらの方が良いです。

インストールと詳細は以下の記事を御覧ください。

reCAPTCHAでWordPressをスパムや不正ログインから保護する。

2019年8月1日

その他のおすすめプラグイン

お問い合わせフォームとそれをメールで受け取る


Contact Form 7はお問い合わせの定番プラグインです。

WP Mail SMTPとセットで使うことで、お問い合わせがあった時にメールで受け取れます。

2段階認証を実現する

セキュリティーは上記のGoogle reCaptchaで十分ですが、さらにもう1段階セキュリティーを上げたい人向け。

管理画面のログイン画面に2段階認証を実装できます。

詳しいインストール方法は、下記の記事をご覧ください。

WordPressに2段階認証を導入する

2019年8月8日

記事の目次を自動的に生成したい

h1,h2,h3等のタグから記事の上部に、自動的に目次を生成して配置してくれます。

キャッシュでサイトを高速化したい

WordPressのテーマやプラグインのせいで、HTMLのヘッダに大量のCSSとJavascriptの読み込みが記述されてしまいます。

こういったCSSやJavascriptファイルを一つにまとめて最適化し、キャッシュしてくれます。

まとめ

WordPressのプラグインは便利ですが、入れすぎるとサイトが非常に重くなります。

またプラグインに不具合やセキュリティーホールがあった場合、ハッキングされるリスクになります。

初期の段階では「基本プラグイン4つ」のみをインストールすることをおすすめします。

その後は、自分のサイトやデザインによって、その都度追加でプラグインをよく選定してインストールしてください。

では、よいBlog Life を!!

スポンサーリンク