WordPressはGoogle Cloud Platformで運用すべき理由

こんにちは、masakiです。

このblogはGoogle Cloud Platform(以下GCPと呼びます)で、独自ドメイン+SSLで、WordPressが爆速で動くようにチューニングされていますが、立ち上げまでに全てこみこみで30分かかっていません。

今回は、WordPressでBlogを立ち上げるなら、いや・・Webサービスを立ち上げるならGCP使うべし、という話をしたいと思います。

GCP使わないと、人生損してるレベルです。

Google Cloud Platformとは?

Googleが提供しているクラウドコンピューティングサービスです。

さまざまな管理ツールに加えて、ありとあらゆるクラウドサービスが提供されいます。

簡単に言うと、今までインターネットサービスを構築する時に『サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、インフラエンジニアがやっていた事を管理画面から全部できるサービス』です。

レンタルサーバーとかもう古いしめんどくさい

昔は、『ホームーページを立ち上げる』『個人でBlogやWebサービスを立ち上げる』というと、レンタルサーバー屋さんでサーバーを借りて、独自ドメインを取り、自分でシコシコ設定して公開するのが一般的でした。

ちょっと規模が増えてくると、大規模なバックアップをしなくてはならなかったり、
アクセスが増えすぎて夜はサーバーが重かったり、
物理的にサーバーの処理能力が足らなくなると移転しなくてはならなかったりと、
夜な夜なめんどくさい対応を強いられ、ストレスが溜まったものです。

しかし、AWSやGCPのおかげで、サーバーエンジニアやネットワークエンジニアやインフラエンジニアが今までやっていた仕事ほぼ全てが、管理画面からポチポチするだけで出来てしまうようになりました。

Webサービス開発において、『多くのサーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、インフラエンジニアの仕事は、AWSやGCPの使い方を学ぶこと』に変化していると言っても過言ではありません。

このblogの構築の流れ

GCPおかげで、30分程度で、この爆速WordPressのサイトができあがっております。

  1. お名前.COMでドメインを取る
  2. Google Cloud Platformにログインする
  3. 爆速wordpressの「KUSANAGI for GCP」からインスタンスを作る(ボタンをポチるだけ)
  4. ウィザードにしたがってコマンドを打つ。
  5. Google Cloud PlatformでDNSの設定をする。(ボタンをポチるだけ)
  6. 4で作られたwordpressに、好きなwordpressのテーマやプラグインをインストールする。(ボタンをポチるだけ)

これだけです。ここまで30分程度。なんか難しそう?

画面をポチポチしながら少しコマンドを打っただけです。

画面ポチポチと、少しコマンド打っただけで、以下のスペックのWordPressができあがっております。

  • 独自ドメイン+SSL
  • CentOS + nginx + php7
  • データベースはMySQL on CloudSQL。自動バックアップ付き
  • phpアクセラレータやコンテンツのキャッシュ等を搭載
  • ページ圧縮
  • データベースクエリキャッシュ
  • サーバーまるごと毎日自動バックアップされる
  • WordPressのメディアファイル全体を別サーバーから管理配信

を搭載した爆速WordPressができあがっております。

正直レンタルサーバーでこの構成を作ろうとしたら骨が折れますが、GCPなら30分です。

WordPressとGCPでできる事

  • 指定した時間にWordPressのサーバーをバックアップ。バックアップの世代数も管理できる。
  • WordPressのアクセスが増えて重くなってきたら、CPU、メモリー、ストレージの容量などを自由自在に変更できる。
  • サーバーの状況を常時モニタリング。
  • サーバーを簡単にコピーして同じサーバーを作れる。
  • DNSの管理が簡単。
  • WordPressとデータベースを、簡単に別のサーバーに切り分けられる。
  • データベースの自動バックアップ。レプリケーション作成/設定
  • WordPressのメディア(画像等)を、CloudStorageに切り分けて管理配信できる。
  • 重くなったら負荷分散(ロードバランサー)、CDN等を簡単に設定できる
  • あらゆるログの管理を監視。
  • ファイヤーウォール等の設定。

上記は、ほんの一部です。その他諸々が管理画面からボタンをポチるだけでできます。

料金

素晴らしい事に、1年間有効な$300分の無料クレジットが提供されます。

このサイトレベルの構成だと、丸々1年タダです。

神すぎ!!さっさと使うべし

多分、いまだに普通のレンタルサーバーを使ってる人や、『なんか難しそう・・』と思ってる人は、食わず嫌いなんだと思います。

「インスタンス」「VM」「ネットワーク」「データベース」とかいう言葉に怖気づく気持ちもわかりますが、正直、WordやExcelを学ぶよりも簡単です。

Webサイトやサービスを自分で公開したい人は是非学んでみましょう。

スポンサーリンク